手ごろな値段の化粧水をとにかく使う

もともとアトピー性皮膚炎があることもあり、皮脂も水分も足りない状態の乾燥肌です。
常に湿疹がでているわけではないですが、オフィスのエアコンや北風、睡眠不足、飲酒といったちょっとした影響で、肌の乾燥がどんどんひどくなってしまいます。
ただ乾燥しているだけならまだいいのですが、皮膚の表面にひりひりと痛みを感じるようになると、何をつけてもなおらない、といった日々が続いてしまいます。
また、乾燥をくりかえすことで目元や額、口元のしわが増えてしまうのも辛いところです。

 

皮膚科でもらえる血行促進剤が主成分の保湿剤は効くことは効くのですが、今度は油分に肌が反応して、白ニキビができてしまったりとオイルバランスがうまくいきません。
いろいろと調べてみましたが、乾燥肌対策の基本はやはり化粧水での保湿ではないかということにいきつき、スキンケアを一新してみました。

 

なるべく組成がシンプルで、値段もそう高くないノンアルコールの保湿化粧水を用意して、洗顔後はすぐにそれをつけます。
そのあとも物足りないかなと思うたびにつけ、乳液やオイル類はなし。
安いので身体にもつけてしまいます。就寝前にどうしてもかさつくかなという部分にのみセラミド入りの美容液をつけますが、基本は化粧水のみです。
朝はひりつきの原因になる洗顔を思い切ってやめ、やはりばしゃばしゃと化粧水をつけます。
気になる部分は軽く蒸しタオルでおさえることもあります。

 

ポイントは、メイクをしていない間は、少しでも乾燥を感じたらすぐに化粧水をつけるということです。
ファンデーションはミネラルファンデを使用していますが、ノーメイクの段階でしっかり水分補給がされていれば、昼間乾燥して困ることもだんたんとなくなってきます。

 

あきれるほど簡単な化粧水のみというスキンケアですが、以前の冬の乾燥が嘘のように、キメの整った肌をキープすることができるようになっています。やはり水分補給が大事なのだと実感しています。


このページの先頭へ戻る