乳液中心の保湿を見直して正解でした

小さい頃からアトピー性皮膚炎があります。

 

ぱっと見てすぐにわかるほどの全身症状ではありませんが、常に皮膚は乾燥気味で、長年ステロイド剤を使っていることもあって皮膚が薄くなっており、メイクをしても肌に正気がない感じになります。

 

湿疹がでていない時でも部分的に粉をふいたり、小じわが深くなっていたりと悩まされることは多いです。

 

アトピー肌にとって、冬場はまさに恐怖といっても大げさではありません。

 

夏の汗疹のダメージが残っているところに、秋口から感想が一気にやってきます。だんだんとオフィスや公共交通機関の暖房も強くなり、地下鉄に乗っている間に顔がパリパリになってしまうほど。

 

そこで、昨年の冬、頬が赤く炎症を起こすほどのひどい乾燥を経験してしまったのをきっかけに、スキンケアを一から見直しました。

 

まず、乳液中心だったスキンケアを、化粧水中心のスキンケアに切り替えました。
アトピー性皮膚炎のケアは保湿が大事とよく言われます。

 

その中で、油分も適度に補うことという項目が必ず入っていることと、乾燥が進んでヒリヒリしているアトピー肌は、化粧水の水っぽい刺激が辛いことから、皮膚科ですすめられた乳液のみをずっと使っており、さらにしっとり感が足りない時はアルガンオイルもプラスしていました。

 

 

が、これでは水分が全く足りていないのではという疑問が。

 

 

思い切って油分の含まれている化粧品を一切使うのをやめてしまいました。
そのかわりに、できるだけシンプルな成分で保湿に特化した化粧水の中で肌にあうものを探し、洗顔後はもちろん、家にいる間は、ちょっと乾燥したなと思ったらすぐにつけるようにしました。

 

始めのうちは化粧水だけではしのぎきれないのではないかと思いましたが、しつこく化粧水の重ねづけをしているうちに、油分なしのミネラルファンデで1日過ごしても大丈夫なくらいになりました。

 

皮膚炎が出る頻度も減っています。アイテムを減らすことによって成分に反応して炎症が起きる頻度も減らせているのではないかと思います。


このページの先頭へ戻る